スポンサーサイト
2015.01.18 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -


自分勝手で好き勝手に
2014.03.31 Monday
すきな時間に出社して、

帰りたい時間に帰って、

お休みの日だって自分の思い通りに取りたいし、

人に気兼ねしないで働きたいし、

そしてそれがこころからやりたい事で、

生活も十分保証されるような賃金をもらえて、

いつも笑顔でいられて自分自身がいちばん楽しい上に、

関わる人も一緒になって喜んでくれるような、

そんな仕事ができたらこんなにすばらしいことはない。


現実になればいいな。
実現できますように。(^−^)




photo by T.






 
想う日々 / 23:57 / comments(0) / -


ほんとに7日経った?
2014.03.20 Thursday
あっっ

という間に、明日はもう金曜日だ一。
先週の金曜日にお茶のお稽古に行ったのが、つい先日のことのよう。
今週は早かったな〜。

ブログもほとんど書けずじまいで、
そうなるとちょっと淋しかったりして(^−^)

さぁ、明日からの一週間はどんなことが待っているのだろう☆
世間一般の週の区切りとはちょっと違いますが、明日からまた新たな何かが始まるような気がして・・
「春分の日」ですしね(^0^)

楽しく笑って過ごす日々となりますように**




photo by T.






 
想う日々 / 23:19 / comments(0) / -


耳から心に伝わるもの
2014.03.09 Sunday
「 あ、Tさん? 佐藤です(仮名)」

お仕事関係のある方から初めて電話を頂いたときのこと。
受話器を取った瞬間、びっくりしたことがあります。
名乗られても初めは誰だか分からなかったくらい新鮮な驚きでした。


その方の電話の声が、とっても繊細だったのです。


電話をくれたその方は、大きな体で大きな声で、
さらには態度もどでかい威圧感たっぷりの男性でした。
内心、触らぬ神に祟りなし(あまり近づかないようにしよう)と思っていました。

でも電話を受けたあと、わたしが勝手にそう思い込んでいただけだったと知りました。

あぁ、わたしはその男性の表面だけしか見ていなかったのだなぁ。
思い返せば、その方の優しさはいたるところに散らばっていたのに、
ついその態度ばかりに気を取られて・・。

声には心が表れます。
そういう気がします。

面と向かって会話をしていても気が付かないことがあるから、
たまにはこうやって電話でお話をするのも良いものですね(^−^)




photo by T.






 
想う日々 / 23:59 / comments(0) / -


今日の感動
2014.02.20 Thursday
先日、目標にしていた100日間連続ブログ投稿を達成しました。

もともと発信したいメッセージや読んでほしい話などなくて、
ボディートークのお仕事のほうでウェブサイトを持ったから、それには付きものだよねと思って始めたブログ。

書いている途中も達成した時も感慨深いものはありませんでした。
ブログから解放されてほっとした途端、パソコンの前に座ってもまったく記事が浮かんで来なくなる始末。
誰かのお役に立つような記事も書けなかったし、
こころからの想いを言葉に乗せて〜なんて恥ずかしくてできないし。


こんな記事の発信が何になるのかと思いながらの100日間。


やっぱり毎日無理して書いていたのだなぁ。
やっていることに意味を見出せないまま続けるのってしんどいものです。

でも、ぜったいにこの目標はクリアしたいと思ったし、クリアできると信じていました。
信じていたというよりも、分かっていたと言ったほうが自分の感覚により近いかもしれません。

ブログを読んで下さっていた方と100日達成後にたまたまお逢いして、
「最近ブログの更新ありませんね。楽しみにしてるのにー。」と言われて驚きました。

・・あ、あのブログを楽しみに?どこを・・

「おもしろいですよぉ。」

・・そ、そうですか〜・・

わたしがすごいと思って読む他の方々のブログや文章は、
記事を読むことで感動するとか、こころが揺り動かされるとか、
この人って真剣に自分や人生や他人の幸せに向き合っているのだわ!みたいな感じであって、
日常ブログとかおもしろブログとは全然違う方向のもの。

だから自分のブログを自分でランク付けしたときは、
重要度でいったらかなり下位になるし、それが自分でも嫌だった。

かといって真剣な記事を書こうとすると、
決まってブルーな気持ちになってなかなか書けない。

でも、そっかぁ。
少しでも楽しみにしていてくれた方がいたのかぁ。

わたしはたぶん、人からすごいと思われたかったのですね。
でもそういうのが書けないから、価値がないと思っていたのだね。
正直今もまだその思いに囚われている自分がいるけれど・・・

楽しみにしていてくれた人を思い出し、
急にものすごく嬉しくなって、嬉しくなりすぎて泣く(;▽;)

100日間を達成したご褒美は、あなたの何気ない一言からもたらされました。
ありがとうございます。
100日間を達成した時にコメントを頂いた方々、改めて本当にこころよりお礼申し上げます。
ありがとうございます。

かなりテンポがズレての「感謝全開な自分」にちょっと恥ずかしくなりつつ、
今日はどうしてもお礼が言いたくなったので書いてみました(^−^)




photo by T.(+Lumie)






 
想う日々 / 18:17 / comments(4) / -


変わるこころに嘘をつかない
2014.01.29 Wednesday
お習字の先生が言っていた。

半紙に筆で4文字書くあいだにも、
こころは移り変わり、
いろいろな事を考えてはやめ、やめては考えている。

時間にしたら、たった5分程度。
一枚の半紙のなかに、こころに寄せたいくつもの波が刻まれる。

たとえば、
昨日言ったことと今日言ったことが違っていたとして、
その人を責められるだろうか。

言われたこっち側は、
振り回されたり、信じられなくなったり、わがままなヤツだと思ったりするだろうけれど。

言った本人の気が変わったのならば仕方がない。


「 今日はそう思ったの。」


もう!
またかぁ〜。
そう言いつつも、素直に自分の気持ちを表現する人のことは、悔しいかなどこか憎めない。

そういう人はきらいじゃないです(^−^)



※ な〜んて人のせいにしながら、実はわたしがコロコロ変わるタイプかもです〜 笑

photo by T.






 
想う日々 / 17:28 / comments(0) / -


これからの5W1H
2014.01.26 Sunday
ブログを書くとき、
「こんなことどうだっていいことだけど、記事にしてみようか。」
と思う。

選ぶのは、かなり表面的なことか他愛ないお話。
自分が読んでも人さまが読んでも、当たり障りのない話題。

少なくともわたし以外の誰か一人は読んでくれているようなので、
読み手を意識してしまって、こころの内を思ったまま言葉にするのが気恥ずかしい。

たまにするけど(^0^)


もっと素直に、飾らずに書いていけたらいいなー。




photo by T.






 
想う日々 / 23:59 / comments(0) / -


きざした想いを
2014.01.25 Saturday
こころ苦しいのは、
その人の好意を無駄にしてしまうと分かっているから。

「優しい言葉の雨に濡れて 傷は洗ったって傷のまま
感じる事を諦めるのが これほど難しい事だとは」

いつからわたしは、
諦める難しさを知っていたのだろう。

知っていながらずっと、
見ない振りをしていただけのことだろう。

今まで人の好意を優先してきたと言いつつ実は、
何て事はない。

人の顔色を優先して、自分にうそをついてきただけだ。

わたしはあなたの好意を無駄にします。
こんなに言っても分からないのかと、がっかりさせることでしょう。
本当にごめんなさい。でも、
あなたの好意を無駄にするこころ苦しさよりも、
今 感じているこの想いを無かったことにするほうがよほど苦しい。

さぁ、また明日がやってくる。
どんな一日を過ごそうか。
できるだけ楽しく、笑っていたいな(^0^)


※本文中の「 」内は、1月3日のブログでも取り上げた
BUMP OF CHICKEN の曲『HAPPY』の歌詞の一部です☆





photo by T.






 
想う日々 / 23:59 / comments(0) / -


こころのモヤモヤ感はどこからだ?
2014.01.20 Monday
今、いやなことがあります。
どうしていやなのか考えてみました。

出た答え。
「それがうまく出来ないから。」

だったら、どうしたらうまく出来るようになるか考えてみようと思います。
まずは、情報の整理整頓からしてみます。
うまく出来ないからいやになっている部分を探して、順序立てて考えてみます。

何がいやだと思っているのか。
それ全部?
もっと細分化して考えてみよう。
全部だとしても、どういうところがいやなのか細かく書き出してみよう。

書き出したものひとつひとつについて、
もう少し深く考えてみよう。
どうしていやなのか?
どうしてうまく出来ないのか?

理由が分かったら、対策を練ろう。
どうしたらうまく出来るようになると思うか?
その思ったことを実行に移すには何が必要か?

必要なものが見えてきたら、それと連携をとろう。

連携をとったら、こうしたらうまく出来ると思ったことを実際に行動に移していこう。

そこからひとつひとつ戻って、いやだと思っていたことに辿り着こう。



辿り着いたとき、それがまだいやかな?



確かめるのが、少し楽しみです(^−^)





photo by T.






 
想う日々 / 08:07 / comments(0) / -


地球に惹かれて
2014.01.15 Wednesday
今日
キャベツのざく切りが丸いボウルいっぱいに入っているのを見て
「あ、地球みたいだ」
と思った

キャベツの緑色の葉と白っぽい葉の混ざっているのが
宇宙から地球を見たときの
緑の大地と白い雲みたいに見えたのです

写真で見てもすごくきれいなのだもの
宇宙まで飛んでいって
この目で実際に地球を見たら
それはもう
きれいの概念を越えた感覚が身体中にひろがるのでしょうね

人の生死についての考え方のひとつに
輪廻転生というのがありますが
もし人が何度も生まれ変わっているとしたら
生と死の旅の途中で
宇宙から地球を見ていたのかもしれないと思う

生きているときにあったいろいろさまざまを
何もかも忘れて
宇宙の旅をしている途中
ひときわ輝く青いきれいな星を見つけた

そのあまりのうつくしさに
あのきれいな星に生まれたいと願ったのかもしれない

そう願って
いまここにいるとしたら
それは夢が叶ったすてきな体験ですね

そんな願い事をしたのかしないのか
今となってはそれすらもう
すっかり忘れていますけどね




photo by T.






 
想う日々 / 23:59 / comments(0) / -


こころ待ち
2014.01.06 Monday
あなたを初めて見たのは、友人と訪れた とある会場の片隅。
後ろ向きに、ただその場にぽつんと佇む背中を覚えています。

その日のあなたは青いシャツに青いズボンで、その青い色から癒しを求めているような感じがしました。

あなたに逢う前から、あなたを自分勝手に想像していたわたしは、
そのギャップに少し驚いていました。

想像の中のあなたは、
あの素敵な体験をしたことによって毎日が光り輝き、その目には希望が満ち溢れ、
全身から活力がみなぎっているような人でしたから。

でも実際に逢ったあなたは、
ちょっと伏した目で、笑顔を見せてはくれるものの心は見えず、何かとりとめのない思いに悩んでいるような、
そんな印象の人でした。

あなたとの出逢いは、親しい間柄になる予感などなく、
日常の流れのなかですれ違う、たくさんの人のなかの一人といったような静かなものでした。
但し共通の知人がいたので、これから先ずっと、何度も逢っていく人だというのは分かっていました。

あれからもうすぐ4年。

実は未だに、あの時の印象がふと頭をかすめます。
逢ってお話する時には、こちらが恐縮してしまうくらいの理論と目線で自分の意思をはっきり示すあなたですが、
その背後にはちらりちらりと、ちょっと猫背になったあの時の後ろ姿が見えるのです。

いいえ。
今現在で表現するならば、「 見えていた 」と言ったほうが良いのかも知れませんね。
人は移り変わるもの。
しばらくあなたとお逢いしていませんから、ガラッと変わっていることだってあり得ます。

でもそれは表面上のお話。

何にも影響されない変わらない部分はずっと持ち続けていて、
人が人をすきになるということは、そういう内側の部分に共鳴し無意識に惹かれるということではないでしょうか。


あなたがあの時のままだろうと、180度変わっていようと、そんなことは問題ではありません。
わたしはあなたのずっと変わらない、あなた本来のかがやきが大すきなのですから。


さあ、次回はいつお逢いできるでしょうか。
その日をこころより楽しみにしております(^−^)




photo by T.






 
想う日々 / 21:05 / comments(0) / -


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
TOP